先輩社員紹介

true

FPD装置事業センター開発グループ

O・S

出身:京都工芸繊維大学大学院  工芸科学研究科 電子システム工学専攻 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    既存装置の改善・改良のための開発

    私はFPD向けイオン注入装置の開発を行う部署で、既存装置の改善のための技術検討や実証試験を行っています。検討や試験を行っていくなかで大事にしていることは、現在までに行われてきた改良・開発がどのような経緯・理由で検討されてきたかを理解し、その上で新たな開発に取り組むことです。過去の先輩方の検討を理解するのは難しいことですが、理解しようとする中で浮かんできた小さな疑問や開発のタネを大切にし、解決したり膨らませたりしていくことが自分の成長への近道だと考えています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    自分の意見を求められ、採用されたとき

    開発グループには複数人で行う検証テーマがあります。ときには、どのような検証を行えば、最も明確な結果が得られるかということから議論を始める場合もあります。このような議論の末、実際に行う試験に自分の提案が盛り込まれた時は、少しでも先輩方に追いついているということを感じることができました。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    大学時代の研究テーマに近い仕事に関わりたかった

    大学・大学院での研究テーマは、半導体材料の加工工程における反応の仕組みについてでした。みなさんご存じのように半導体の含まれた機器は身近に存在し、なくてはならないものです。将来もそのような半導体に関わる仕事がしたいと思い、この研究テーマを選びました。また研究で扱っていたエッチング工程では高真空でのプラズマを用いた加工を行っていたため、プラズマやそのプラズマと材料の化学的な反応についても学んでいました。そのためイオン注入装置という同じくプラズマを用いた加工プロセスに関心があり、仕事の上で自分の知識を少なからず活かすことができるのではないか、と考え入社を決意しました。

これまでのキャリア開発グループ(2016年入社)

先輩からの就職活動アドバイス!

自身の強みや人との違いは、自分では意外と分かっていないことの方が多いです。私自身、就職活動で悩んでいた時に、友人の指摘がきっかけで自分の人となりや、将来どう進んでいきたいか、進んでいくべきかを考えることになりました。ぼんやりと就職活動を始める方もおられるかとは思いますが、その前に今一度自分と向き合って、やりたいことやこだわりなどを整理してみるのもいいかもしれません。

他の先輩社員を見る

  • 新たな装置を形づくる開発職にて「機構設計」をしています。

    true

    新事業推進部 第1プロジェクト

    T・D(23歳)
    大阪産業大学  工学部 機械工学科 卒
  • お客様の要望を実際に形にする機構設計の仕事をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 機構設計2グループ

    O・Y
    福井工業大学大学院  工学研究科 応用理工学専攻 機械工学コース 卒
  • フィールドエンジニアとして、装置の立ち上げ、メンテナンス等を行う仕事

    true

    イオンビーム機器事業部 装置技術グループ

    H・A(22歳)
    同志社大学  理工学部 電気工学科 卒
  • イオンビームに関する技術の開発を行っています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発2グループ

    M・T
    大阪工業大学大学院  工学研究科 電気電子工学専攻 卒
  • イオン注入装置の新用途の開発をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発1グループ

    U・T
    北陸先端科学技術大学院大学  マテリアルサイエンス研究科 マテリアルサイエンス専攻 卒
  • 新規装置の開発、及びそれに必要な物理考証

    true

    新技術開発プロジェクト室

    K・M
    京都大学  工学部 物理工学科 原子核工学専攻 卒
連絡先:
日新イオン機器株式会社
採用担当

〒601-8205
京都府京都市南区久世殿城町575番地

TEL:0120-692-047
E-mail:nissin-ion@ssen.co.jp
URL:http://www.nissin-ion.co.jp/