先輩社員紹介

true

I/I事業センター ハードウェアエンジニアリンググループ

F・A

出身:滋賀県立大学  工学部 機械システム工学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    装置の改修改良や、新規装置の開発に関する機構設計を担当しています。

    お客様から装置の新規受注が入ると、その仕様に合わせて設計する必要があります。
    ただ闇雲に設計を開始するのではなく、過去に似た仕様のものがあれば参考とし、変更になるところのみを新しく設計します。
    その時に注意することは、組立、調整の作業性、メンテナンス性を考慮し設計することです。
    装置内の場所によってスペースが限られている場合は、特に周辺部材との干渉や、工具や人の入るスペースの確保等を考えて設計する必要があるため、実際に組立や調整の作業を行う人たちの目線に立って設計を考えるようにしています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    新規装置が無事にお客様のところへ納入されたときです。

    設計の部署に配属になってから約1年半で、新規装置の主担当になりました。
    初めての新規装置で、これまでにない仕様に対してどのように設計していくか、上司や先輩にアドバイスをもらいながら新規設計や部材の手配を行いました。
    装置組立時や調整時に様々なトラブルが発生し、苦労したこともありましたが、その都度再設計を繰り返し最終的に1台の装置としてお客様のところへ無事出荷されたときはとても嬉しかったです。
    若いうちからこういった重要な仕事に関わることができるのは、大変なときもありますが、自分自身も成長できやりがいを感じます。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    他社にはない技術・ノウハウを持った会社であると思ったからです。

    仕事をしていて一番退屈なことは、繰り返し作業だと考えています。
    もちろんそれもときには必要な仕事であることもありますが、私はただ作業を繰り返すのではなく、常に頭を動かしながら仕事をしたいと思っていました。
    この会社は半導体業界の中でもイオン注入装置という独特な技術を有した装置をつくっており、世界的に見てもあまりない技術だと思います。
    したがって他社にはない技術・ノウハウがたくさんある会社だと推測しました。
    他社にはないということは、一から考えて設計・開発を行うこともたくさんあり、常に色々なことを考えながら仕事をすることになると思い、自分の描いていた仕事像とぴったり合うと感じてこの会社を選びました。

これまでのキャリアフィールドエンジニア(1年間)→機構設計(2012年入社)

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のやりたい仕事が何なのかよく分からない方もいらっしゃると思いますが、まずは色々な企業、友達、先輩等から話を聞くことが大事だと思います。会社のパンフレットやインターネットの情報だけでは分からないことがたくさんあるので、それらを踏まえた上で、自分が行きたい会社を選択することをお勧めします。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 新たな装置を形づくる開発職にて「機構設計」をしています。

    true

    新事業推進部 第1プロジェクト

    T・D(23歳)
    大阪産業大学  工学部 機械工学科 卒
  • お客様の要望を実際に形にする機構設計の仕事をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 機構設計2グループ

    O・Y
    福井工業大学大学院  工学研究科 応用理工学専攻 機械工学コース 卒
  • フィールドエンジニアとして、装置の立ち上げ、メンテナンス等を行う仕事

    true

    イオンビーム機器事業部 装置技術グループ

    H・A(22歳)
    同志社大学  理工学部 電気工学科 卒
  • イオンビームに関する技術の開発を行っています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発2グループ

    M・T
    大阪工業大学大学院  工学研究科 電気電子工学専攻 卒
  • イオン注入装置の新用途の開発をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発1グループ

    U・T
    北陸先端科学技術大学院大学  マテリアルサイエンス研究科 マテリアルサイエンス専攻 卒
  • 新規装置の開発、及びそれに必要な物理考証

    true

    新技術開発プロジェクト室

    K・M
    京都大学  工学部 物理工学科 原子核工学専攻 卒
連絡先:
日新イオン機器株式会社
採用担当

〒601-8205
京都府京都市南区久世殿城町575番地

TEL:0120-692-047
E-mail:nissin-ion@ssen.co.jp
URL:http://www.nissin-ion.co.jp/