先輩社員紹介

true

I/I事業センター ソフトウェアエンジニアリンググループ

O・A(25歳)

出身:滋賀県立大学大学院  工学研究科 電子システム工学専攻 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    装置を動かすソフトウェアの設計・開発に取り組んでいます。

    半導体製造用イオン注入装置のソフト設計・開発を担当しています。
    当社で製造している装置は、その一つ一つがお客様に合わせてカスタマイズされているため、装置ごとに個性が出てきます。その個性は、お客様にとって嬉しいことですが、製造・設計している側にとっては装置ごとに方法や手順を変えなければならないため、苦労することもあります。しかし、それは逆により多くの経験を積むことができると考えています。
    入社半年で現在の部署に異動したのでまだまだ分からないことばかりですが、私が成長するためには多くの経験を積む、つまり多くのソースプログラムに触れることが必要だと思っています。
    ソフト設計に取り組むに当たって、装置の個性を活かすことを心がけ、お客様の要望に応えていけるようになりたいと思います。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    キレイ好きあったことが作業をする上で役立ったこと

    入社してから1ヵ月程度、実際に使われている半導体製造用イオン注入装置を使用して装置の仕組みや操作方法などを学びました。
    当社の装置は「イオン注入」という技術が使われているわけですが、この技術のポイントは「高電圧」「高真空」そして「清潔」です。
    半導体は非常に微細な回路を集積したもので、チリやホコリのような非常に微細な汚れが、致命的なダメージを与えます。また、装置内部や部品周辺に汚れがあると放電が起き、部品の故障だけでなく周辺にいる人にも大変危険です。
    研修中、装置の細かい汚れが気になり、キレイにしていると「いいね~」と指導担当の方に言われ、嬉しかったことをよく憶えています。小さな仕事でも評価してくれる会社だと思いました。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    世界トップクラスの装置と休日数が充実しているところ

    学生時代に半導体に関する研究をしていたため、仕事をするなら半導体関連の会社に就きたいと決めていました。
    半導体関連の企業を中心に探していたところ、世界トップクラスの装置を製造している日新イオン機器を見つけました。
    やはり、まず注目したのが世界一のイオン注入装置を製造していることでした。この会社に入れば、自分の夢である「世界一の装置をつくる」ことが出来ると思いました。
    次に目に入ったのが、「年間休日」の多さです。よく働くためには、よく休むことが必要だと考えていたため、会社選びの条件の一つに休日数も気にしていました。
    この2つが入社を決めた大きな理由です。当社は比較的休日が多くまとまった休暇もありますので、メリハリのある働き方が出来ると思います。

これまでのキャリアソフトウェア設計・開発(現職・今年で1年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

「自分のペースで動く」
就職活動をしていると周りの学生がどんどん内定を決め、焦る気持ちが出てきますが、
何のために活動しているのかをよく考えることが大切です。
様々な業界・企業があり、その中から自分に合った仕事を見つけるためには見極める時間が必要だと思います。
自分のペースで、じっくり考え、見極めて、就職活動に臨んでください。

他の先輩社員を見る

  • 新たな装置を形づくる開発職にて「機構設計」をしています。

    true

    新事業推進部 第1プロジェクト

    T・D(23歳)
    大阪産業大学  工学部 機械工学科 卒
  • お客様の要望を実際に形にする機構設計の仕事をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 機構設計2グループ

    O・Y
    福井工業大学大学院  工学研究科 応用理工学専攻 機械工学コース 卒
  • フィールドエンジニアとして、装置の立ち上げ、メンテナンス等を行う仕事

    true

    イオンビーム機器事業部 装置技術グループ

    H・A(22歳)
    同志社大学  理工学部 電気工学科 卒
  • イオンビームに関する技術の開発を行っています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発2グループ

    M・T
    大阪工業大学大学院  工学研究科 電気電子工学専攻 卒
  • イオン注入装置の新用途の開発をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発1グループ

    U・T
    北陸先端科学技術大学院大学  マテリアルサイエンス研究科 マテリアルサイエンス専攻 卒
  • 新規装置の開発、及びそれに必要な物理考証

    true

    新技術開発プロジェクト室

    K・M
    京都大学  工学部 物理工学科 原子核工学専攻 卒
連絡先:
日新イオン機器株式会社
採用担当

〒601-8205
京都府京都市南区久世殿城町575番地

TEL:0120-692-047
E-mail:nissin-ion@ssen.co.jp
URL:http://www.nissin-ion.co.jp/