先輩社員紹介

true

FPD装置事業センター 開発グループ

K・H

出身:京都府立大学大学院  生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    お客様の満足に応えるため、装置の改良、開発に携わっています。

    いかに問題なく装置を動作させてお客様に満足してもらうか、これをテーマに日々、既存装置の改造や新装置の開発を行うのが私の仕事です。私が仕事において最も大事にしているのは、「思いついたら即行動」です。一般的によく言われる言葉ですが、仕事においては案外実行できないものです。なぜなら思いつくのがそもそも難しいからです。アイデアはいきなり頭の中に湧いて出るものではありません。装置が抱える問題、そして自身の経験と知識を組み合わせて一つのアイデアを捻り出すイメージだと考えています。次に行動、苦労して出したアイデアが本当にやる価値があるのか無いのか見極める必要があります。この見極めがまた難しいのです。私はまだまだ未熟なのでこの見極めは先輩に相談するようにしています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    自分のアイデアが装置に反映されたこと

    試験で良い結果が得られた場合、それを社内やお客様のところでプレゼンすることがあります。さらに、結果への関心が高いと次期装置、新規装置に反映されることもあります。
    幸運なことに、私は3年目で行ったある試験でたまたま良い結果が得られ、それらを体験することが出来ました。そのときは、やはり嬉しかったですし、同時に責任を強く感じることが出来ました。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    大学でイオンビームに関する研究を行っていたため

    大学での私の研究は、イオンビームを用いて原子間衝突の物理反応に必要な基礎データを取得することが目的でした。その研究が社会の何に役立つのかと言われたら、正直返答に困っていました。形式的な返答は出来ても、本当に役立つのかと自分自身疑問に思っていました。
    そんな折、就職活動中に出会ったのがこの会社でした。自分の研究していたイオンビームが半導体や液晶の分野で欠かせない要素であること知ったときは興奮しました。会社説明会に行ったときも、イオンビームに関する予備知識がある程度あったため先輩社員から説明してもらった話もすんなり頭に入ってきました。大学で得た知識をダイレクトに活かせる事に魅力を感じ、かつ、説明会を通して自分がこの会社で働くイメージが出来たので、この会社に決めました。

これまでのキャリア研究開発(2012年入社)

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は人生で起こる数々のイベントの中でトップ3に入るくらい、人生において大事なイベントだと思います。
慎重に、会社のことをよく調べて自分に合った会社を選んでください。
大変だと思いますが、頑張ってください!

他の先輩社員を見る

  • 新たな装置を形づくる開発職にて「機構設計」をしています。

    true

    新事業推進部 第1プロジェクト

    T・D(23歳)
    大阪産業大学  工学部 機械工学科 卒
  • お客様の要望を実際に形にする機構設計の仕事をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 機構設計2グループ

    O・Y
    福井工業大学大学院  工学研究科 応用理工学専攻 機械工学コース 卒
  • フィールドエンジニアとして、装置の立ち上げ、メンテナンス等を行う仕事

    true

    イオンビーム機器事業部 装置技術グループ

    H・A(22歳)
    同志社大学  理工学部 電気工学科 卒
  • イオンビームに関する技術の開発を行っています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発2グループ

    M・T
    大阪工業大学大学院  工学研究科 電気電子工学専攻 卒
  • イオン注入装置の新用途の開発をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発1グループ

    U・T
    北陸先端科学技術大学院大学  マテリアルサイエンス研究科 マテリアルサイエンス専攻 卒
  • 新規装置の開発、及びそれに必要な物理考証

    true

    新技術開発プロジェクト室

    K・M
    京都大学  工学部 物理工学科 原子核工学専攻 卒
連絡先:
日新イオン機器株式会社
採用担当

〒601-8205
京都府京都市南区久世殿城町575番地

TEL:0120-692-047
E-mail:nissin-ion@ssen.co.jp
URL:http://www.nissin-ion.co.jp/