先輩社員紹介

true

FPD装置事業センター システム制御グループ

U・M

出身:金沢工業大学  工学部 電気電子工学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    電気ハード設計:図面を描いたり、配線指示や部材手配などを行っています。

    機器間(装置に使用する機器と機器の間)の図面や、装置で使用するケーブルの図面などを描いています。ただ描くだけではなく、実際に製作可能かどうか、他の人が見てもわかるような図面であるかを考えながら描くようにしています。また,配線指示書というものを発行し装置の配線はどのように行うか指示しています。配線指示をするときも同様で、どの作業者が見ても同じ作業ができるようなわかりやすい指示書を書くよう心がけています。どの作業もそうですが納期や期日というのが必ずあるので、可能な限り早めに動くようにしています。そのためにもわからないことは放っておかず、素早く、納得するまで聞くようにしています。忙しくなってくると漏れが出る可能性が高くなるので、特にホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)は怠らないよう心がけています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    任されることが多く成長できる機会が多い!

    仕事は基本的で簡単な作業だけでなく考えることが必要な仕事も多いので、自分から進んで調べたり聞いたりして、どんどん自分の成長につながっていったということが大変うれしかったです。初めはこれが何の作業をしているのか、装置のどこに使われる部材なのか、何に注意して作業すれば良いのかなどほとんどわからない状態でした。しかし、配属後約8か月たった今では、どのように対応していけば問題解決できるのかを自分で考えることができるようになったり、この作業の意図は何なのかを理解することができるようになってきました。そういった自分が成長できたことがこの仕事について一番うれしかったことです。先輩社員の方々に早く追いついて、今よりももっと活躍できる人になっていきたいです。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    会社の雰囲気が良く、基礎を作っているというところに惹かれました。

    私は元々ものづくりに興味があり、中でも電子機器(スマートフォン、PC等)に興味がありました。就職活動をする際も主に電子機器メーカーを探していましたが、半導体製造装置事業をやっているこの会社がふと目に留まり、とりあえず説明会に参加してみることにしました。実際に参加してみて、若手の内から様々な仕事にチャレンジさせてもらえる職場環境や社員の方の雰囲気が大変良いと感じたことと、製品を完成させるためには必要不可欠なイオン注入装置をトップシェアが獲得できるほどの高い技術を持って製造しているというところに惹かれました。この会社に入社し、様々な仕事にチャレンジしていくことで自分が成長でき、良い電子機器を作り出すための基礎の部分から関わることができるということに魅力を感じ、この会社に決めました。

これまでのキャリア電気設計(2015年入社)

先輩からの就職活動アドバイス!

少しでも面白そう、興味があると思ったら自分が理解するまで調べたり、説明会に積極的に参加すると良いと思います。自分が知らなかった分野の会社はたくさんあり、どこに自分が興味を持つかはわからないと思うからです。就職活動だけでなく、学業や趣味でも、いろいろなことにチャレンジしていくと新しい自分が見えて面白いですし、自己PRも考えやすいと思います。また、友達や先生などにも積極的に話を聞いて情報をたくさん集めた方が良いと思います。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 新たな装置を形づくる開発職にて「機構設計」をしています。

    true

    新事業推進部 第1プロジェクト

    T・D(23歳)
    大阪産業大学  工学部 機械工学科 卒
  • お客様の要望を実際に形にする機構設計の仕事をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 機構設計2グループ

    O・Y
    福井工業大学大学院  工学研究科 応用理工学専攻 機械工学コース 卒
  • フィールドエンジニアとして、装置の立ち上げ、メンテナンス等を行う仕事

    true

    イオンビーム機器事業部 装置技術グループ

    H・A(22歳)
    同志社大学  理工学部 電気工学科 卒
  • イオンビームに関する技術の開発を行っています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発2グループ

    M・T
    大阪工業大学大学院  工学研究科 電気電子工学専攻 卒
  • イオン注入装置の新用途の開発をしています。

    true

    イオンビーム機器事業部 ビーム技術開発1グループ

    U・T
    北陸先端科学技術大学院大学  マテリアルサイエンス研究科 マテリアルサイエンス専攻 卒
  • 新規装置の開発、及びそれに必要な物理考証

    true

    新技術開発プロジェクト室

    K・M
    京都大学  工学部 物理工学科 原子核工学専攻 卒
連絡先:
日新イオン機器株式会社
採用担当

〒601-8205
京都府京都市南区久世殿城町575番地

TEL:0120-692-047
E-mail:nissin-ion@ssen.co.jp
URL:http://www.nissin-ion.co.jp/